つるんと剥ける、ゆでたまご。守るポイントはたったの3つ。 

時短で家事
minree / Pixabay
スポンサーリンク

ゆで卵で絶対に失敗しないコツ。

タマゴを茹でて、殻を剥こうとすると
白身ごとボロボロに剥がれてしまうことがありませんか?
ひとまわり小さくなって、とってもソンした感じ。
不格好だし、悲しくなりますよね。

新鮮なタマゴだから仕方ない?
そんなことはありません。

以下のたった3つのポイントを守るだけで
確実に失敗しなくなりますよ。

1)冷蔵庫から出したばかりの冷えたタマゴを

2)希望の時間で茹でて

3)急激に冷ます。

ちょっとだけ捕捉しますね。

お鍋に卵がかぶるぐらいのたっぷりのお湯を沸かし、
沸騰したら冷蔵庫から出してすぐの卵をお玉で静かに入れる。
とろとろの半熟がお好みなら6分ほど、
黄身の真ん中が少し軟らかめ位にしたい場合は7分、
固くシッカリした黄身にしたい場合は8分間ゆでてください。

ゆであがったらザルにあげ、流水で卵を一気に冷まします。氷水に浸けてもOK。
その後、殻全体にヒビを入れ、ゆっくりとむいてください。

これで、上手なゆで卵が完成。

1)冷蔵庫から出したばかりの冷えたタマゴを

2)希望の時間で茹でて

3)急激に冷ます。

この3ポイントをしっかり守ってくださいね。
これで確実に失敗とはサヨウナラ!

ストレスフリーです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました