ゼラニウムの葉が白くなる原因と対処法

ガーデニング・植物
931527 / Pixabay
スポンサーリンク

ゼラニウムの葉が白くなる

とにかく強く、育てやすいゼラニウム。
アブラムシも寄せ付けず、とても育てやすい花なのですが・・・

夏頃に葉の色が抜け落ちてしまうことがあります。
こんなふうに。

油断したせいかしら・・・?
根腐れ?水が足りない?と慌ててしまいがち。

殆どの場合ですが・・・。
これは夏の暑さによる生理現象だと考えられます。
暑すぎる日が続くと、根の働きが弱くなり、養分を上手く吸収できなくなってしまい、葉の色が白く抜け落ちるのだと考えられています。

でもご心配なく。
暑さが和らぐ9月頃になれば、元気な青い葉が出てきますよ。

(2か月後の画像を下のほうに載せています。↓)

でも・・・

ゼラニウムの白い葉。対処法。

気温が下がれば綺麗な葉が戻ってくると、知ってはいても
早く緑の葉に戻したい!って思いますよね?

そんな時は、ゼラニウムにカルシウムを与えましょう。
カルシウムを吸収する事によって、早く回復すると言われています。

土の表面に石灰を軽く蒔いてあげた年は
気持ちだけ少し早く回復したように思いました。

 

2か月後 何も手当をしなかった場合

コメント

タイトルとURLをコピーしました